コレステロールとは?

コレステロールとは?

4つある体脂肪のうちの1つ

 

コレステロールは、体内に存在する体脂肪のうちの1つで、コレステロールの他に、中性脂

 

肪、脂肪酸、リン脂質などの4つがあります。体内に蓄積されて不足時に使用される備蓄エ

 

ネルギーの中性脂肪とは違い、コレステロールは、細胞膜を形成する際に材料として使用さ

 

れる成分の1つで、悪いイメージのある反面、人間の生命維持に欠かせない成分なのです。

 

体内のあらゆる部分に存在

 

コレステロールと言うと血液内に含まれているイメージがありますが、実際には、血液内以

 

外にも、脳、脊髄、筋肉、肝臓など、体内のあらゆる部分に存在しています。また、体内で

 

生成されているコレステロールの割合は約70%で、糖質などを合成して肝臓などで生成さ

 

れていて、残りの約30%は食事で摂取することで補っているのです。

 

コレステロールの役割

 

一般的に増えすぎると健康に良くないと言われているコレステロールですが、実は、人間の

 

生命維持には欠かすことのできない重要な役割を担っています。コレステロールは、人間の

 

体を作っている細胞膜を形成する成分、性ホルモンやステロイドホルモンを生成する成分、

 

胆汁酸を生成する成分として使用されたりする役割があります。

 

善玉と悪玉の2つのコレステロール

 

コレステロールには、善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの2

 

つのコレステロールがあります。コレステロールと聞くと、どうしても体に良くないイメー

 

ジがあり、いつも悪者扱いされがちですが、体内のコレステロールを運搬する役割があり、

 

善玉コレステロールも悪玉コレステロールもどちらも生命維持にか欠かせません。

 

コレステロールの増加が及ぼす影響

 

人間が健康に生きていく上で欠かせないコレステロールですが、食事で摂取しすぎて体内の

 

コレステロールの量が正常値より増加してしまうと、特に血管内に悪影響を及ぼしてしまい

 

ます。コレステロールの増加によって血液がドロドロの状態になる高脂血症、コレステロー

 

ルが血管壁に付着してしまい血管内が詰まる動脈硬化などを引き起こすのです。