悪玉コレステロールとは?

悪玉(LDL)コレステロールについて

なぜ“悪玉”と言われているのか?

 

同じコレステロールでも悪玉(LDL)コレステロールと善玉コレステロールでは役割が違

 

います。では、悪玉コレステロールは、なぜ、“悪玉”と呼ばれているのでしょうか?悪玉

 

コレステロールが増えると体中に運搬されるコレステロールの量が増えて、動脈硬化を引き

 

起こしやすくなることから、“悪玉”コレステロールと呼ばれているのです。

 

生成したコレステロールを体中に運搬

 

悪玉コレステロールには、新しく生成されたコレステロールを体中に運搬する役割がありま

 

す。肝臓で生成されたコレステロールは、生命維持のために体中に運搬されて細胞膜の形成

 

に使用されます。この人間の体を作り上げる材料となるコレステロールを体中の各組織に運

 

搬してくれるのが、悪玉コレステロールの役割になっています。

 

悪玉コレステロールが増えた時の体への影響

 

悪玉コレステロールが増えてしまうと、血管が詰まりやすくなって動脈硬化を引き起こしや

 

すくなってしまいます。コレステロールを運搬する悪玉コレステロールが増えると、血液中

 

のコレステロールも増えてしまうので、徐々にコレステロールが血管壁に付着してしまい、

 

血管内が詰まって起こる動脈硬化を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

血管が詰まりやすい超悪玉コレステロール

 

悪玉コレステロールの中でも、さらに血管を詰まりやすくするのが、超悪玉コレステロール

 

です。この超悪玉コレステロールは、悪玉コレステロールよりもさらに細かい粒子でできて

 

いるので、血管内が詰まりやすくなります。血管が詰まりやすいということは、動脈硬化に

 

もなりやすく、心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険も高くなるのです。

 

悪玉コレステロールの減らし方

 

悪玉コレステロールを減らすには、生活習慣を改善することが重要です。特に、食生活の改

 

善を第一に考える必要があり、脂質を抑えた食事を心がけるだけでなく、悪玉コレステロー

 

ルを抑える効果があるDHAやEPAを多く含む青魚を食べるようにしましょう。さらに、

 

アルコールや喫煙も悪玉コレステロールを増やす原因となるので控えましょう。