悪玉(LDL)コレステロールについて

なぜ“悪玉”と言われているのか?

同じコレステロールでも悪玉(LDL)コレステロールと善玉コレステロールでは役割が違います。

 

コレステロールは本来私たちのカラダには必要な大切なものです。細胞膜をつくったり、ホルモンの材料になる、食事を食べた時に必要になる胆汁酸もコレステロールから作られます。

 

新しく生成されたコレステロールを全身の細胞に届けるのが悪玉コレステロール。名前だけ聞くと悪い奴なのかと思っていたひともいるかと思いますが、大切な役割をしています。不要となったコレステロールを回収しているのが善玉コレステロールです。
では、悪玉コレステロールは、なぜ、“悪玉”と呼ばれているのでしょうか?

 

悪玉コレステロールが増えると体中に運搬されるコレステロールの量が増えて、動脈硬化を引き起こしやすくなることから、“悪玉”コレステロールと呼ばれているのです。

 

生成したコレステロールを体中に運搬

食べ物を食べて、肝臓で生成されたコレステロールは、生命維持のために体中に運搬されて細胞膜の形成に使用されます。私達人間の体を作り上げる材料となるコレステロールを体中の各組織に運搬してくれるのが、悪玉コレステロールの役割になっています。

 

悪玉コレステロールが増えた時の体への影響

ところが、善玉コレステロールが減少したり悪玉コレステロールが増えると、血液中に余分なコレステロールが多くなって徐々に血管の壁に付着して傷つけてしまったり、プラークのようなコブをつくってしまい動脈硬化を引き起こします。それが、原因となり血管内が詰まって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

血管が詰まりやすい超悪玉コレステロール

悪玉コレステロールの中でも、さらに血管を詰まりやすくするのが、超悪玉コレステロールです。この超悪玉コレステロールは、悪玉コレステロールよりもさらに細かい粒子でできているので、血管内が詰まりやすくなります。

 

特に女性の場合、女性ホルモンが分泌されることで、悪玉コレステロールが抑えられています。ですが、閉経をむかえると悪玉コレステロールが増えやすくなると考えられています。

 

悪玉コレステロールの減らし方

意識して摂りたい食材

悪玉コレステロールを減らすには、生活習慣を改善することが重要です。特に、食生活の改善を第一に考える必要があり、脂質を抑えた食事を心がけるだけでなく、悪玉コレステロールを抑える効果があるDHAやEPAを多く含む青魚を食べるようにしましょう。

 

玉ねぎに含まれるケルセチンや大豆たんぱくはコレステロールの吸収を穏やかにする働きがあります。ケルセチンは熱に強い性質なのでスープにするといいですね。

 

ブロッコリやキャベツに含まれる特有のアミノ酸はコレステロールを排出してくれます。

 

酸化コレステロール予防には、抗酸化作用がある色の濃い野菜(にんにく、にんじん、パプリカ、ほうれん草、アボガド、ブロッコリー)がおすすめ。酸化コレステロールの害を軽減してくれます。

 

避けたい食材

卵はコレステロールが多く含まれています。全卵100g当たり420mg含まれておりトップクラスです。その中でも卵黄100mgあたり1400mgもコレステロールが含まれています。カスタードクリームやケーキなどの洋菓子にも卵が使われているので要注意です。

 

その他に、コレステロール値が高い食材はたらこ、いくら、などの魚卵、シラスなどがあります。

 

また、昨晩の天ぷらを、再度揚げたり、レンジで温めて翌日食べる事がよくあります。実は、一度揚げた揚げ物は、再度加熱すると酸化コレステロールという物質がうまれ、これが、悪玉コレステロールを高めたり動脈硬化を進行させる原因になるそうです。

 

さらに、チョコレートには動脈硬化を予防するポリフェノールが含まれていますが、同時に常温では溶けない油、飽和脂肪酸が豊富に含まれているので摂り過ぎると悪玉の数値が高くなります。飽和脂肪酸は肉の油と同じなので食べ過ぎると良くありません。アルコールや喫煙も悪玉コレステロールを増やす原因となるので控えましょう。

 

注意点!

食事で摂るコレステロールの吸収は、個人差がありその人の体質によって変わる事が研究でわかっているそうです。ですが、自分が悪玉コレステロール値が高い場合はコレステロールが高い食材はなるべく避けたほうがいいでしょう。

 

また、食事などの生活習慣を改善しても数値が改善しないという場合もあります。この場合、遺伝性の可能性が考えられるそうです。一度医療機関を受診して適切な治療を行いましょう。