善玉(HDL)コレステロールとは?

なぜ“善玉”と言われているのか?

 

コレステロールのうち善玉(HDL)コレステロールは、なぜ“善玉”コレステロールと呼

 

ばれているのかご存知でしょうか?コレステロールには善玉と悪玉がありますが、善玉コレ

 

ステロールは、体内の余ったコレステロールを回収することで動脈硬化を防ぐことができる

 

ことから、コレステロールの中でも“善玉”コレステロールと呼ばれているのです。

 

体中の余ったコレステロールを回収

 

肝臓で生成されて悪玉コレステロールが運搬したコレステロールを回収するのが善玉コレス

 

テロールの役割です。コレステロールは、細胞膜の形成などに使用されますが、脂質などを

 

摂取しすぎて使用されないコレステロールは体中に余ってしまいます。善玉コレステロール

 

は、余ったコレステロールを回収して肝臓にまで持ち帰ってくれるのです。

 

善玉コレステロールが減る原因

 

善玉コレステロールが減る原因としては、まず、悪玉コレステロールの摂取量が増えすぎが

 

挙げられます。コレステロール運搬役の悪玉コレステロールが増えると体内にたくさんコレ

 

ステロールが余りすぎて、善玉コレステロールが回収しきれず力が弱ってしまいます。さら

 

に、運動不足や喫煙も善玉コレステロールを減らす傾向にあるので注意が必要です。

 

善玉コレステロールが減った時の体への影響

 

善玉コレステロールが減ってしまうと、血液がドロドロ状になる高脂血症になってしまい、

 

血管が詰まりやすくなってしまいます。血液内に増えすぎたコレステロールによって血管が

 

詰まりやすくなり、そのまま放っていると動脈硬化を引き起こしてしまい、症状がさらに進

 

行すると心筋梗塞や脳梗塞などの病気を発症するリスクが高くなってしまうのです。

 

善玉コレステロールの増やし方

 

善玉コレステロールを増やすためには、食生活の見直しや運動を取り入れるのが有効だと言

 

われています。食生活に関しては、青魚の脂肪分に多く含まれているEPAなどをたくさん

 

摂取できる食事内容に見直しましょう。また、軽い運動で良いので取り入れることで、エネ

 

ルギー消費量が上がり善玉コレステロールを減らす中性脂肪を燃焼することができます。