コレステロールが高い原因

コレステロールが高かくなる原因について

不摂生な生活習慣がコレステロールを増やす

コレステロール値が高くなってしまう原因は、毎日不摂生な生活習慣を送っていることが原因と言われています。

 

食生活では、暴飲暴食や脂っこい食べ物ばかり食べ過ぎてしまうと、脂質や糖質の摂取量が増えて生成される体内のコレステロール値が高くなります。

 

原因はそれだけではなく、運動不足、喫煙、ストレス、遺伝などもコレステロール値を高める原因になってしまうのです。

 

暴飲暴食に気をつけましょう

生活習慣を改善するなら、まず見直しが必要なのが食生活です。チェックするのは食事内容はもちろんですが、暴飲暴食も直しましょう。

 

暴飲暴食をしてしまうと、それだけ体内に脂質や糖質を取り込んでしまうので、大量にコレステロールが生成されて余って体内に蓄積されてしまいます。

 

対策としては、食事の前に、野菜ジュースや青汁などを飲み、そのあとに食事をしましょう。そうすることで、空腹感が軽減されるので食べ過ぎを防ぐことができます。そして、しっかり噛んで食べるようにしましょう。

 

脂質を多く含む食べ物

食生活では、暴飲暴食はもちろん、食事内容にも気をつけなければコレステロール値が高くなってしまいます。

 

特に、脂っこい揚げ物や肉類などは、脂質が多く含まれているので注意が必要です。また、脂質の多い食べ物ばかり食べていると、悪玉コレステロールを増加させる中性脂肪が増えて、その結果、コレステロールが体内に蓄積されやすくなるのです。

 

運動不足で体脂肪が蓄積

成人になると、どうしても運動をする機会が少なくなってしまいがちです。なぜ、運動不足になるとコレステロール値が高くなってしまうのかと言うと、運動不足になるとエネルギーが消費されないのエネルギーに使用される中性脂肪が増えます。

 

すると、中性脂肪には悪玉コレステロールを増やす性質があるので、コレステロール値が高くなるといわけなのです。

 

辛い運動でなくても構いません。毎日歩く時間を増やすだけでも効果があります。歩く時間をなるべく増やしましょう。

 

案内人悪玉(LDL)コレステロールを減らすウォーキング

 

遺伝が及ぼす脂肪燃焼機能の低下

コレステロール値が高い方の中には、親からの遺伝によって生まれつき脂肪燃焼機能が低い場合があります。

 

どういうことかと言うと、体内には脂肪燃焼機能がある褐色脂肪細胞と脂肪蓄積機がある白色脂肪細胞があるのですが、親がこれらの機能に以上がある場合、生まれた子供にも遺伝して、子供も正常に脂肪燃焼が機能しないことがあるのです。

 

ですが、、遺伝があるからといって、必ずしも肥満になるかというと、そんなことはなく、遺伝と言われる中には家族で同じ食べ物を食べている食習慣も関係していると考えられているので、食事の見直しや運動をすることで予防することもできます。